2021年10月2日土曜日

今どきの着物は可愛い

 こんにちは、ものです!


着物を知らない人は、「着物って古臭いし習うの大変そう」って

マイナスイメージが大きいかもしれませんね。


でも、それってめちゃくちゃ勘違いなんです!!



何がおかしいのかというと、

今の着物は色も柄もすっっごく可愛いんです!!


例えば、私が以前試着させてもらった着物の写真です。


派手の中の派手ですよね笑


でも、この帯や羽織の色と柄って

昔の着物にはないイメージのものじゃないですか?


今はネットでもたくさん可愛い着物が販売されていますが、

着物の作家さんが作る着物たちも、こんなに進化しているんです!



他にも軽い感じの色と柄の帯がありました。


こちらも試着させて頂きました。


特にこの帯の色に鮮やかな黄色が入っていて、

柄も花の模様や鹿が描かれていて華やかであり可愛いんですよ。


「着物=古い」というイメージに囚われていた人でも、

実際にこういう柄の帯や着物を見ると

「こんなに可愛いなら着てみたい」って

思わず口から出てしまうくらいなんです!


私の好みの関係で、

試着したものが渋い感じなんですが・・・。


フォーマルからカジュアルなものまで、

フォーマルだけどパステルカラーで普段使いもしやすい色と柄

カジュアルなものでリバーシブルになっていて着回しがきいたり

皺になりにくい加工がされていてスーツケースに丸めて入れられたりします。


進化しすぎなくらい、

着物は変化しているんですよ。


だから知らないままに食わず嫌いしていたら、

めっっちゃくちゃもったいないんですよ!!



いきなり着物を売っている場所に行くのはちょっと・・・

という風に思うのは当然のことだと思います。


でも、京都とか鎌倉とか犬山とか様々な場所で

着物を着る体験ができます!


レースのあしらわれた可愛い着物や

大正ロマンを感じさせる色や柄の着物など

好きなものに気軽に挑戦できるので、

まずは一度試してみてほしいところです!

2021年8月1日日曜日

着物の羽織とコートは何でいるの?違いは?

着物のコートより羽織が好きなものです。


着物を着て外に出るとき。

羽織かコートの上着を身につけることは、実はマナーなのです!

ではなぜ羽織かコートのどちらかを着て外にでなければならないのでしょうか。

まずは塵や埃なんかが着物につかないように、守る目的があります。

他にも、着物を着ているとき帯の結び目は出っ張っています。

それで人混みを歩くときや人と至近距離ですれ違うときなど、帯の結び目が相手に当たってしまうと危ないですね。

羽織かコートで結び目が覆われていれば、手先(帯の端)のような部分が人にぶつかることはありません。

自他ともに気持ちよく過ごすために必要なんです。

もちろん、どうしてもなければいけない!ということではありませんので安心してください。


なぜ羽織かコートを外で着なければならないかはわかって頂けたでしょう。

次は羽織とコートの違いです。

羽織は、いわゆるカーディガンの役割を果たす物です。

つまり外でも中でも着ていて良いんです!

ただし格式としてはカジュアルになるので、式やお茶会などには着ていけませんのでご注意ください。


(上の写真はミスミンさんが制作した写真です)

形は写真のように前が開いている、ボタンを閉めないカーディガンみたいな感じです。

丈の長さは、仕立てをする購入方法を取ると自分好みに変えられますよ。


一方でコートですが、もうご想像がつく方もいるでしょう。

コートは、いわゆる上着の役割を果たす物です。

つまり外でしか着られません。建物の中に入るときには脱ぎます。

格式はフォーマルになるので、式やお茶会などの公式な場にも着ていくことができます。

場に応じて変わることはあるかと思いますが、基本はこうなります。


(上の写真はニューステラさんが制作した写真です)

写真のコートは雨用の物のようですが、形は同じで前が閉じる形になります。

襟元など種類があるので、仕立ての際は好みの物にすると良いですね。


着物でお茶会に行く機会があるとかでなければ、お好みの方を手にすることがいいと思います。

私は現段階では着る予定がないので、最初に好きだといった羽織を選びました。

羽織の方が帯まで見えるので、全身コーディネートが楽しめやすいですからね。

2021年7月30日金曜日

着物の生地と仕立てと着る季節

ブログにきちんと書いておりませんでしたが、Twitterを始めたものです。
(IDはmono_wafukuです。よろしくお願いいたします。)


夏も盛りで朝早くから夕方まで暑い日が続きますね。

着物は様々な種類の生地や仕立てで作られ、季節に応じた物を着ることがマナーとして存在しています。

ご存じでしたか?

着物はパッと一目見ただけでは、なかなか生地の違いがわからないためほぼ通年着られると思われることもあるかと思います。

実際私はそういう思いがあり、一着の着物があれば余程大丈夫だと勘違いしていました。

では春夏秋冬でどのように使い分けるのでしょうか。


まずは一年を通して一番長く着られる着物です。

季節としては春と秋。

暦では基本的に1~5月と10月~12月に着られるのが、袷(あわせ)という仕立ての着物になります。


(こちらの写真は39ちーちゃんさんが制作したものです)

さて上の写真の足元に注目すると、表の柄とは違う赤い生地が見えますね。

このように裏地があり温かいのが袷の特徴です。

寒い時期に着られる着物になります。


次に夏の暑い時期に着る着物です。

暦での7月と8月は薄物という物を着ます。

これは紗(しゃ)や絽(ろ)、上布(じょうふ)のような、織り目が粗く透け感があります。

他にも麻みたいに通気性がいいものも使われます。

最近では洗える着物も出ているので、特に夏には重宝しそうですね!


他には寒い時期と熱い時期の間に着る着物です。

暦での6月と9月は単衣(ひとえ)という物を着ます。

単衣は袷とは違い裏地がないものを呼びます。

裏地がない分涼しいので、少し暑さがある時期に着るのですね。


仕立てではこのように分類されますが、色が深い物はより寒い月に着たり季節感と柄と合わせたりという着こなしをすると良いとアドバイスを貰いました。

着付けの先生がいると、購入の時だけでなく購入した物同士のコーディネートの仕方も教えてくださるのが安心です。

着物が少なくても、帯と小物で季節感を変えたり臨機応変に着られるようになりたいです!

注目記事

今どきの着物は可愛い

 こんにちは、ものです! 着物を知らない人は、 「着物って古臭いし習うの大変そう」 って マイナスイメージが大きいかもしれませんね。 でも、それって めちゃくちゃ勘違いなんです!! 何がおかしいのかというと、 今の着物は色も柄もすっっごく可愛いんです!! 例えば、私が以前試着させ...

人気記事